読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味があるとかないじゃなくて

君のことが好きだってただ言えるのなら単純だけど

Hey!Say!JUMPペンライト事情

 

(※タイトルほどたいそうな内容ではありません)

 

 

 

Hey!Say!JUMPのペンライトってダサいんスよ。

 

何度そうこぼしたことか。

 

 

ところがどっこい、今年の夏のライブツアーのペンライトがこちら!

 

\ドドン/

f:id:yyy76j:20160830114116p:image

 

今までなかったデザインです。

 

 

素晴らしい!!!

 

 

振りにくいだろ!とか、前の人刺さない?とか、そんな異論は認めません。少なくとも私は。

 

見た目って大事。

それではここで歴代のHey!Say!JUMPペンライトを見てみましょう。

 

 

2007年(デビュー魂)

f:id:yyy76j:20160830115309j:imagef:id:yyy76j:20160830122004j:image

これ普通に可愛いよね。

デザイン的には結構好き。

 

2008年(Spring)

f:id:yyy76j:20160830121025j:imagef:id:yyy76j:20160830122101j:image

これもまだ許せる。可愛い。

ペンライト!ってかんじがする(笑)

 

2008年(SUMMARY)

f:id:yyy76j:20160830121336j:image

デザインは好き。シンプルだし。

けどペラいね。振り回すの怖くなりそう。

 

2008-2009年(TV)

f:id:yyy76j:20160830121711j:imagef:id:yyy76j:20160830121514j:image

冬だから雪の結晶。ちょっと安直な気もするけど…安直すぎてグッズにこだわりなかったんだろうなぁ〜っていうかんじがして寂しい。。

 

2009年(Spring/天国)

f:id:yyy76j:20160830122435j:image

このへんからおかしくなります。まず2コンサート同じペンライト使い回すってどうよ?

 

2009-2010年(WINTER/SUMMARY2010)

f:id:yyy76j:20160830122622j:image

そろそろ変えて欲しいなペンライト!と思ったらコレ。何が違うかって?文字のいr

しかもこれまた2コンサート使い回し。

 

2010年(感謝魂)

f:id:yyy76j:20160830122704j:imagef:id:yyy76j:20160830125438j:image

これで変えなきゃまじキレるかんな!と思ってたらコレ。当時はペンライト変わった嬉しさで買ったけど、今となっては…みたいなとこありますよね?ね??ここからしばらく「I♡JUMP」地獄が続きます。

 

2011年(SUMMARY)

f:id:yyy76j:20160830122809j:image

!?ぐるぐる回る!?実は根元にバネがついててぐるぐる回る仕様。公演中はぐるぐる回して遊んでたけど、途中から回ってんの超邪魔。そしてこれも地味に「I♡JUMP」攻め。あと個人的にはこれ超クサイ。

 

2012年(NewYear)

f:id:yyy76j:20160830123157j:image

なんでだろう、買わなかったなぁ。後からまんだらけで買ったけど。

 

2012年(ASIA TOUR)

f:id:yyy76j:20160830123429j:imagef:id:yyy76j:20160830124225j:image

はい色違いPART2〜!! 

 

2012年(WORLD)

f:id:yyy76j:20160830123557j:image

はい色違いPART3〜!!!

 

2012年(JW)

f:id:yyy76j:20160830124058j:imagef:id:yyy76j:20160830124107j:image

ジャニワ感謝祭のペンライトかな?いらないので買ってません(笑)っていうかこの時のグッズ全体的に……だったよね?

 

2013年(矢印)

f:id:yyy76j:20160830124215j:image

2011年からペンライト買ってなかったので、買いました。縦に長い!

 

2014年(RWM)

f:id:yyy76j:20160830124254j:image

変に膨らませたりゴチャゴチャしてないかんじが好き。ストラップ付いてるのポイント高い。人によっては上外れちゃった人いるみたいなので要注意。

 

2014年(smart)

f:id:yyy76j:20160830124329j:imagef:id:yyy76j:20160830124514j:image

いいじゃん!私は丸いのが好きみたいです。シンプルイズベスト。のわりにはロゴがカラフルで凝ってる。イイ。

 

2015年(車魂)

f:id:yyy76j:20160830124605j:imagef:id:yyy76j:20160830125311j:image

ハ…コ??からなんか出てる。お祭り騒ぎのコンセプトには合ってるのかな?これも上のプレート飛んでった人いたみたいですね。キューブがカラフルに光ります。

 

2016年(DEAR.)

f:id:yyy76j:20160830114116p:imagef:id:yyy76j:20160830125426j:image

ALL山田涼介プレゼンツライブ!さすが山田様ペンライトまで本気です!!ここまでコンセプトに沿ったペンライトいままでなかったよね?

 

 

 

し か も !!

 

今年のペンライトは自分でデコレーションできちゃうと最近話題(?)。

その流行りに乗ってみました。

 

 

サン宝石でラインストーン買ってきて…

f:id:yyy76j:20160830131807j:image

 

\ジャーン!/

f:id:yyy76j:20160830131611j:image

上が友人(有岡担)の、下が私のです。

 

 

まさかペンライトをデコる日がくるなんて、2012年には想像もしてなかったなぁ。

 

 

 

そんなこんなでDEAR.ツアーも残すところ北海道・広島・横浜・名古屋の5会場。(結構残ってるね笑)

 

北海道・横浜は私も参戦します!

お会いできる方がいらっしゃれば、ぜひ\( ˆ ˆ )/♡

 

Tasty Uを味わう。

アルバム『DEAR.』を聴き込んで早1週間。

そろそろスルメ曲やイチオシ曲が確立してきた頃でしょうか。

 

私はというと、自担でもあるひかるくんが至る所で「Tasty U」を推しまくっている影響もあってか、今では完全にTasty U厨です。チョロい。

 

何度かTwitterでもつぶやいてるのですが、Tasty Uって木10ドラマばりのストーリー性あると思いません??不倫というか、男女のすごいドロドロしたかんじの…不倫か。

 

というわけで、ここにきて勝手にTasty U から妄想するドラマを考えてみました。

お時間とお気持ちに余裕のある方はお付き合いくださると嬉しいです。

 

 

 

「愛したい」で始まるこの曲での設定は、既婚者である女性と年下男性の不倫のお話です。そして基本的に男性目線です。

 

How many jealousy? どれだけ嫉妬すればいいの?

何度も繰り返されるこのフレーズが男性の本音であり、戸惑いです。

 

1番は男性が優位な立場。不倫であることはわかっていても、愛した女性は守って見せるという男のプライドを垣間見ることができます。

彼女の指先や口元の小さな動きに支配欲を掻き立てられ、出会って間もない逢瀬の夜の始まりを物語ります。

 

しかし彼女は既婚者。微笑みの合間にふいに見せる哀愁漂う表情に彼も気づいているのですが、自分との夜には持ち込んでほしくない。彼女の後ろめたい気持ちを「夜に滑って溶けていく」とは言っているものの、「溶かしてやる」ぐらいの気持ちなのではないでしょうか。

 

そんな彼の熱い思いが表れているのがサビの部分。「綺麗に無邪気に永遠に」出会ったときに受けた印象のまま、誰かの妻として縛ってしまいたくない。自分の腕の中では無邪気な子供のままでいさせてあげたい、君とのロマンスの中で一緒に揺れていたいという男のロマンです。

夜が明けてお互い別の家に帰宅することなんて考えずに、嘘や偽り、余計な言葉は無くして、出会った日のようなトキメキしかなかった夜をいつまでも…と一人願う彼。

 

けれど実は彼女のほうが一枚上手だった。そう気づくのが2番です。

「Bitterな静寂すら君は楽しんでいるように空を見てる」彼女のそんな姿を見かけるようになり、彼女を手に入れたいがために囁いた言葉も彼女に届いているようには思えない。自分との許されない関係を少しずつ崩すかのように、絡み合った紐を、運命を解いていく彼女を見つめます。

 

しかし彼もこのまま黙っているわけにはいきません。愛する女性を手に入れたい一心だった心は、いつしか彼女の夫である男性に勝手な競争心を抱くようになるのです。

スリルを楽しみ、女性を奪いたい、自分のものにしたいという衝動に駆られていく彼。

「危険なルーレット このスリルに賭けて」と歌うひかるくんの歌い方にはスリルを味わうかのような響きがありますし、「君を奪って駆けていく」を歌い上げる伊野尾くんからは彼の野性を感じます。

彼女が自分との関係を終わりにさせようとしていることに気づかないフリをして。

 

 ついに迎えた彼女との最後の夜、嫌いになれたらどんなに楽だろうというのは世の不倫物語のテッパンですが、それでもまだ余地があるのなら彼女の駆け引きに踊らされたいという未練。

反対に、この一夜だけは情熱的に過ごしたい、男のプライドを持っていたいという気持ちの見える2回目の「おやすみ」。

純粋に二人の時間を楽しめたあの頃と同じ夜にしたいという彼の思いの影も見えます。

でもどう頑張ってもやっぱり嫌いにはなれなかった…夢で見る貴女ではない、まやかしじゃない実物の君が欲しいのにという思いから出た言葉が、「愛して」。

 彼女から離れなければならないことへの葛藤を描いたのが2番でした。

 

彼女の本心は定かではありませんが、自分との関係を遊び程度にしか思っていないのではと疑い始めた彼。彼女に別れを告げられたことで動揺した彼自身の葛藤をくぐもった声で表現するのがCメロ。

まだ自分を騙せていると思っている彼女は悩ましく涙ぐむ。彼女の瞳には、未練のある自分を認めたくなくて言い訳をしている自分が見えるのですが、彼女にそんな姿を見せるわけにはいかない。口から出た言葉はその気持ちとは裏腹な、愛を囁く言葉であり、自分への言い訳の代わりの言葉。「放つ」というワードに、何かを振り切るかのような彼の意志が見え隠れしています。少しずつ山田の声がハッキリすることで彼の気持ちが覚醒したような印象も受けます。

 

そして大サビ。大サビの歌詞は1番のサビと同じものですが、彼の感情はまったく別物です。1番では現実の彼女を守りたい、自分のものにしたいという、浮気関係ながらも純粋な恋心だったのに対し、大サビの彼に現実の彼女は見えていません。夢マボロシの彼女でいいから、自分のそばに置いておきたいという狂気にも似た感情を抱きます。

彼女に言っていた「嘘なんてもういらない」が、ここでは自分に言い聞かせているようにも聞こえます。ただ彼女を愛することができるならもうなんでもいい、という気持ちのこもった渾身の「愛したい」を放って、曲は終わりを迎えます。

 

怪しげな盛り上がりをみせて曲は終わってしまうので、その後二人がどうなったかはあまり想像したくない部分でもあります。すごく余韻を残した終わり方ですよね。

 

 

 

…と書いたものの、サビで使われてる高音から最初に感じたのはドラマのED、エンドロールと一緒に不倫関係の二人が抱き合ってる画だったんですけどね。最初はもっとロマンティックなシーンを想像してたのに書いてみたらこれだからビックリした(笑)

人の感情を言葉で表すのって難しいし、自分で書きながら途中わけわかんなくなった箇所もあるので意味わかんねぇよって思われる方もいらっしゃるかと思いますが、あくまで個人の推測というか妄想ですので、詳細はIWATSUBO KODAI先生に聞いてください(笑)

 

すごく高音が綺麗でドラマティックな曲調がステキな「Tasty U」、ぜひもう一度噛みしめてみてください(^◇^)

27時間テレビ

Hey!Say!JUMP

高校生スーパーダンク選手権スペシャルサポーター

 

お疲れさま〜〜〜〜( ˆ ˆ )/♡

f:id:yyy76j:20160725000809j:image

 

 

7月の頭くらいからTwitter上で「我が校にHey!Say!JUMPが来た!!」っていう話題を目にしていたけれど、いざ始まってみたらこれほどまでに感動的で面白いものだと思ってなかった。メンバーも全国各地飛び回って取材やら報告してたみたいで。お疲れさまです。

 

やっぱり高校生って何してもキラキラしてるな〜〜!!特にスポーツともなると、伊野尾さんじゃないけど割と序盤で泣きそうになるから涙腺ゆるくなったなぁと思う。(元から緩い)

 

 

なにより、番組開始時にチャレンジ成功ならずだった9人ダンクを経て、2日目中盤のしんどいタイミングで7回目にして成功させた時の表情は高校生に負けず劣らずキラキラしてて最高だった!!

f:id:yyy76j:20160725000635j:image

 

きっと練習する時間もなかったであろうに、最後の最後でキメてくるあたりがめちゃくちゃカッコよかったよ!!

ラストチャンスでひかるくんが1人で2回目の円陣呼びかけてたのも泣けたし、その甲斐あってか成功した時ももちろん泣けたし、やぶひかたかが3人でハイタッチ→ひかるくんがゅぅゃの頭ポンする流れまで泣けた。

さすがJUMP!!最高だな!!!

 

 

グランドフィナーレでぶっ込まれた27人ダンクについてはヲタク界隈でいろいろ言われてるけど、きっとあの場で跳んだ誰にとってもリスキーなことだったんじゃないかなと思ってます。JUMPの失敗率が高くなるのはまぁ仕方ないと大目に見ていただくほうが有り難い(笑)

実際、隣で見てた母と妹もケラケラ笑ってたから問題ないと思うんだけどね。

 

やまだのケガ疑惑に関しても、Hey!Say!JUMPには自分が合ってても間違えてるメンバーがいたらわざと自分が間違ってるフリして気づかせる、なんていう小ワザができるくらい周りの見えてる大黒柱がいるから大丈夫だよきっと。やまだ一人で壊れることはないよ。

 

 

 

そして八乙女担として今回何よりも一大事だったのは、キスブサで魅せたプールサイドのひかるくんだよね!!!

終始カワイイ!カワイイくせにさりげなくプロポーズとかぶっ込んでくるからもうしんどい!心臓何個あっても足りない!なんだよ普段そんな溢れ出るイケメンオーラなんて見せないじゃん!コラボ企画とはいえ8割他人の畑で魅力発揮しちゃってさ!好きだよもう!!

 

 

……疲れた。

 

まぁ案の定4時に起きれなかった私は後追い再生で見てました。朝っぱらからキツイわ色々と。

とりあえずひかるくんのシチュエーションだけ残しておきます。

 

 f:id:yyy76j:20160725003743j:image

はいカワイイ。序盤からもうカワイイ。顔がカワイイ。

 

f:id:yyy76j:20160725003825j:image

35歳派遣社員に同感この上ない。

 

f:id:yyy76j:20160725003917j:image

そうなんスよ!カワイイくせに細マッチョなガタイしてるからヲタク大変なんスわ!!このギャップの魅力を話し出したら日が暮れます。

 

f:id:yyy76j:20160725004039j:image

ホラこうやってすーぐカワイイでカッコイイをサンドしてくる。中毒性ある。プール入るのに「いってきまーす」なんて言うヤツがいるかよってな?いるんスよココに。

 

f:id:yyy76j:20160725004154j:image

属性が猫だから水に慣れてないのよ。ちょっとお腹痛そうな飛び込み。

 

f:id:yyy76j:20160725004245j:image

f:id:yyy76j:20160725004257j:image

f:id:yyy76j:20160725004304j:image

なんか知らないけど一回水の中でゴーグル浮かしちゃったから水入ったんだろうね、ゴーグルの意を成してないし水ダパーって出てきちゃってる。

この画面で28歳事務の「カッコイイ!」は間違ってますね。正確には「カワイイ!」です。

 

f:id:yyy76j:20160725004509j:image

f:id:yyy76j:20160725004520j:image

ひかるくんが女の体に触れてる場面を公式で見た記憶がないので、本人はもちろんヲタクも慣れてません。タッチがやわらかいでしょ。というかもはやほとんど触れてない。そろそろ我慢できねえよ、マイコそこ代われ。

 

f:id:yyy76j:20160725004648j:image

至近距離すぎてあからさまに恥ずかしくなってきちゃったのか、大いにテレだす。「付いてきちゃったね」って他人事か。デコ広いな。

 

f:id:yyy76j:20160725004806j:image

恥ずかしくてポンコツになる。「まぁいま今年夏だし」って意味わからん。普段のポンコツぶりが頭角を現しはじめてる。危ない。

なによりここのポイントはワイプの薮くん。オマエ俺のファンかよ。

 

f:id:yyy76j:20160725005024j:image

はーいカワイーイ!!!!!

 

f:id:yyy76j:20160725005045j:image 

やっぱり水が気になる。猫属性だから。あとシャイだから。デコ広いな。

 

f:id:yyy76j:20160725005154j:image

もう恥ずかしすぎてマイコと目を合わせられません。きっと早くカットかかるの待ってる。デコひ

 

 

そんなこんなでひかるくん2位です!

おめでとう!ありがとう!!

ぜひ今度は他メンもマイコ相手にやってくれ!頼むわ!!

 

 

総括:カワイイ。

 

あと、デコ広い。

 

 

 

お疲れJUMP!

反省会もほどほどにな!

 

感情というより、もっと細胞的に好きなのだ

 

そんなに長くないです。

 

いのちゃんのインタビューを読んで、いのちゃんの言葉のチョイスや言い回しに感動した!と思いTwitterでぽつぽつつぶやきながら考えました。

 

なんでひかるくんのことは上手く言葉にできないんだろうなぁ、と。

 

 

で、先日その感情に当てはまる言葉を見つけたのです。

 

それは、角田光代さんの『よなかの散歩』(2014.新潮文庫)という本から。

 

 

「感情というより、もっと細胞的に好きなのだ」

 

 

これには、こんな脈絡があります。

タイのどこが好きかと訊かれてもうまく答えられない。なんか好き。なんか合う。歩いてるだけでわくわくする。

 

 

言葉でうまく表せないような、本能的に感じる好きを巧みに表現されてるなぁと惚れ惚れしました。

 

 

…言い換えるとこんなかんじ?

八乙女光のどこが好きかと訊かれてもうまく答えられない。なんか好き。なんか合う。見ているだけでわくわくする。

 

 

そして、

 

感情というより、もっと細胞的に好きなのだ。

 

 

という次第です。

 

 

 

ま、本当はそうじゃないのかもしれないし、そうなのかもしれないし。

今ところ、そういうことだということで(笑)。

 

 

 

 

よなかの散歩 (新潮文庫)

よなかの散歩 (新潮文庫)

 

 

 

HBD for Ino_chan

 

.。.*:+☆🎉🎂🐈🎁💐.。.*:+☆

いのちゃん('A`)

26歳のお誕生日

おめでとうございます!!

.。.*:+☆🎉🎂🐈🎁💐.。.*:+☆

 

めでたいお誕生日絵文字を並べてみたよ。

おめでとうございます〜〜!!

 

 

いのちゃんは頑張ってるところとか努力してるところをファンに見せたくないと思ってる人らしいから、「忙しいね〜大変そうだね〜寝てる〜??頑張ってね〜!」ぐらいしか言うことないんだけど(笑)

 

年々ビジュアルが完成されていくいのちゃんを見てて今すごく楽しいです。

ひかるくんとのラジオしかり、めざまし抜擢しかり、トークもすごく一般人の視点寄りで納得できるというかスッと入ってくるし。

 

10周年とか来年の映画公開に向けてますますピッチ上げていくであろういのちゃんにワクワクドキドキしてます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆笑

 

「今夜あなたを口説きます」楽しみしかない〜〜!!

(ο^w^)♡('A`)

ジャニヲタの就活。

 

時間がなくても毎日欠かさず前髪はカールする、というポリシーがひん曲げられそうになる季節・梅雨です。今日も雨だ〜〜。

最近スタバのタンブラーを買いました。バナナ×パイン柄が可愛いんだよ〜〜!!

f:id:yyy76j:20160622191233j:image

 

雨を吹き飛ばせ!な初夏のキモチで買ったんだけどさ。

雨の好きなところってなんだろう…傘に当たる雨音とか?でもあれって適度な降雨量じゃないといい音にならないよね。どうでもいいか。

 

 

そんなわけで、前回『就職活動の話。』と題して自分の就活を振り返りました。

 就職活動の話。 - 意味があるとかないじゃなくて

 

そこで今回は、これまでたくさんの方が書かれてきたであろう鉄板ネタ『ジャニヲタと就活』を自分なりの視点で書こうと思います。

 

 

 

 

現在も元気にジャニヲタをやっていて、この先数年はヲタ卒しない前提の身として、就活をするにあたり考えなければならないことがありました。順番にご紹介します。

 

  1. 勤務地
  2. 職種
  3. 福利厚生(休日)

 

 

 

まず1つめ。

 

1.勤務地

現在私は21年間ずっと関西在住です。それも滋賀県、今では完全にベッドタウン化した街に生まれ、これまで滋賀を出たことがない。

そんな地方在住の私にとって、東京は憧れの土地でした。特に学生の頃は、やれ番協だなんだとイベントごとはすべて東京。FC会費も同じだけ払ってるのに、住むところの違いでこんなにも差がでてしまうものか。何度も唇を噛んだ思い出があります。

そして、やっと東京に出られるチャンス。でも初めてのひとり暮らし、ちゃんとやっていけるのか。そもそも住み慣れた関西を出る必要が、果たしてあるのか。就活中ずっと考えていたことでした。

 

私の出した結論は、『勤務地にはこだわらないです。

なぜなら、関西でもジャニヲタはできるから。それはジャニヲタ歴十数年で十分わかっていることです。

もうひとつは、新しい世界を見たかったから。これだけだとかなりカッコつけてるように見えますが、わりとホンキ。これまで田舎暮らしだった私は、少し物足りない部分を感じていました。高校で隣の市を開拓、大学で隣の県を開拓、そうするたびに自分の知らない(物理的な)世界を得る感動が大きかったのです。親元が楽だからという理由で自分の世界観を狭めたくなかった。

そんな理由から、勤務地に制限はかけないことにしました。

 

 

 

2.職種

一般的に言う、総合職事務職です。

基本的に、私は総合職ばかり見ていたものの、一時期は事務職も考えてエントリーした会社もあります。今の私が考える、ジャニヲタにおける双方のメリット・デメリットをあげたいと思います。

 

総合職

◎事務職より給料がいい

◎昇進すれば給料は上がっていく

→ジャニヲタ資金が潤沢になる

◎選考が早く始まり、就活が早く終わる

→ヲタ活における制限期間が短くて済む

×転勤がある

→転勤の度に色々面倒くさい

×休みが不定期(業界による)

×残業がある(業界による)

→ヲタ活の予定が立てにくい

 

 

事務職

◎定時上がりが可能

→予定が立てやすい

◎自分の時間が比較的しっかり確保できる

→ヲタ活がしやすい

×給料が低い

×昇格→給料upが難しい

→ジャニヲタ資金と生活資金のやりくりが大変

×選考時期が遅い

→いつまでも就活しなければいけない

 

私が出した結論は、『総合職』です。

私の性格が上から言われたことをハイハイと受け止めるよりは自分から発信していきたいタイプだということもあったので。

就活期間の長短はだんだんどうでもよくなります。もちろん早く楽になりたいという思いはあります。が、ジャニヲタという前提条件を鑑みて早く終わらせよう、なんて気はさらさらなくなりました。

そして、今後のことを考えてもお金は多いほうがいいし、人とも接する時間が多い方がいろんな情報も入ってくるだろうし、ということで総合職にしました。

 

 

3.福利厚生

ジャニヲタにとって最も大切なのはお休みです。休みは決まっていて、有給も取りやすい方がいいに決まってます。ただし総合職を選んだ私は、その選択肢を半分海に投げ捨てたようなもの。仕方ない、自分のやりたいことを取ったからな。

B to Bは会社が相手なので、土日休みが多いのかな。私の決まったところも、土日がお休みです。総合職の営業ゆえに、確実に毎週休み!にはならないかもしれないけど、それはもう覚悟します。

そもそも東京都主要圏内は30分そこそこあれば北から南まで行けちゃうじゃない。何を困ることがあるんだ!どこへでもいけるやないか!うちの最寄り線は1時間に1本しか新快速がなくて、終電0:05だぞ!!(※どうでもいい)

 

 

 

なんだかんだ書きましたが、結論を言うと私の就活は

やりたいこと > ジャニヲタ

を基準にしました。

 

結局、「将来的にジャニヲタを卒業する日が来るかもしれない」という可能性を考えるとその結論が出ました。ジャニヲタといえど、趣味であることに変わりはないので、趣味が趣味でなくなる日がやってくる可能性はゼロじゃない。

この先40年ほどの未来を考えても、やっぱりいちばん大切なのは自分でした。そう言えてる環境に感謝ですが。

 

 

これから就活されるジャニヲタの方々がどれを優先されるかは自分の境遇や考え方次第です。

就職活動の段階では終わり良ければすべて良しの世界なので、これからの方の就活が有意義なものになりますように。

 

 

とか言いつつ私もかなり苦しんだんだけどね〜〜(笑)

就職活動の話。

 

真剣SUNSHINEは毎日忘れずに聴くのに、日焼け止めは毎日つけるの忘れるポンコツです。

夏ですね。いや梅雨か。

 

ジメジメした日が続くなか、つい先日、やっとスーツを脱ぎました。就活の終了です。

お疲れ自分。本当にお疲れ。

無事に就職先も決まり、来年の春から東京勤務です。念願のひとりぐらし。嬉しい!だって、ずっと我慢して、やっといたジャンをテレビで見れるんだよ?リトラを、2週間の遅れなしで見れるんだよ?

…とまぁ、こんなこと書きつつも東京勤務を第一に希望していたわけではないので、約1年間の私の就職活動を振り返りたいと思います。ご興味のある方はお付き合いください。

 

 

開始時期・6月

大学の学生課や就職サイトが、そろそろ就活モードに切り替えろよ~~と言い始めたのが昨年の6月。各就職サイトは2017年卒版がオープンし、学生課は隔週で就職セミナーを開催します。

人から後れをとることを嫌う私は、例に漏れずリ●ナビ・マ●ナビに登録します。(就活中、主に利用したのはこの2つです。)

かくして私は俗にいう"意識高い系"の就活生の仲間入りです。就職サイトの開催する合説にも行きました。

 

ただし、私はまだ部活もあったので、登録こそしたものの、活動自体はその合説のみ。大学からのインターンシップにも参加したほうがいいのかなと思ってエントリーもしたのですが、諸事情によりトラブル発生。これからお世話になるであろうキャリア支援課に絶望します。(どこの大学も事務局に腹立ててる学生は多いみたいで、本当にそんなんでいいの?と思わされるような対応ばかりでした。)

 

 

7月

テストも終わり、夏休みです。

夏休みに1つくらいはインターン行くべきかなぁと思い、大学のインターンシップ枠からはじき出された私は、就職サイトから自力で探し応募します。

この月は31日にコンサート行ったんだね。Carnival魂。楽しかったな~~!オタク人生初のスタンド最前列!!今でも鮮明に思い出せます。

 

ちなみに、7月にISエントリーしたのは2社。(両方落ちた)

 

 

8月

まだまだ部活に本腰を入れていた時でした。バイトも全力です。お互い彼氏できない歴をなんとか断ち切りたいという想いを胸に、幼馴染と島根旅行もしました。出雲大社。(※効果出てない)

JUMPは24時間テレビの月でしたね。たしか我が家のレコーダーが悲鳴をあげていたような…

 

8月はとある地銀KのISに応募しました。これが通って、11月に1weekのISに参加します。

 

 

9月

部活動は1年の集大成の時期。リーグ戦です。これが丸々1ヶ月続きました。毎週土日は試合なので、就活なんてしている場合ではなかった。

 

今月も地銀Sの1dayに応募。8月に応募した地銀Kは、ES書いてwebテストも受けた結果の選考でしたが、今月の地銀Sは予約さえすれば参加できるタイプのものでした。ISの参加方法がどちらのタイプが多いのか数まではわかりませんが、たぶん後者のほうが多いはず。その代わり、1day〜3dayくらいじゃないですかね。

 

 

10月

部活も落ち着き、そろそろ就活やんなきゃなぁ…と漠然と考えていた時期です。

10月はキミアトラクションの発売やらじらー3時間SPがありました。個人的に某女子大Bの学祭に来た千葉くんを拝みに行ったりもしました。かわいかったなぁ〜〜!!!

 

月末に大学が開催するSPIの模試を受けました。全然できなかった。

 

 

11月

カレンダー見たら○ばっかりついてるんですけど。バイトのしすぎだバカヤロー。

我らがアカデミー新人賞の山田様ご出演のグラスホッパー公開です!ちなみに、我が大学の学祭にはもこみちが来ました。オリーブオイルかける動作をナマで見れたよ!9頭身だったよ!!かっけえ!!!

 

8月にエントリーした地銀Kの1weekインターンに参加しました。1週間もあると、今まで何も知らなかった銀行業務になんとなく輪郭がついてくるものです。様々な行員の方と触れ合えるので、会社の色が見えてきたりもします。人事の人とも仲良くなったので、その後の説明会等で顔と名前を覚えてもらっていると楽。

 

 

12月

今月もバイトのしすぎだバカヤロー。(※2回目)

1日にアミューズのライブAAAに連れて行ってもらい、月末は念願のカウコン!!毎年年越しは家で静かにしていたのに、昨年は打って変わってシアワセが溢れた空間で年越しできて最高だったな〜〜!!!今年はどうなるんでしょうね。

 

とある住宅メーカーSのISに参加。2day。相変わらず大学の就活セミナーにも毎週参加してました。真面目か。

 

 

1月

あけましておめでとうございます!とひと息ついたのもつかの間、すぐ大学のテストです。中旬からテスト準備とISの〆切に追われてバタバタしてた印象です。

ヲタ活としては、4日にジャニストのLIVEにお邪魔してバナナペンライトを振り回し、9日にピングレを観ます。なんだかんだ映画も観たりしてましたね。

 

そろそろ証明写真を撮ろうということで、大学に来る写真屋で証明写真を撮ります。¥2,000とちょっとで20枚の写真、+¥500ほどでCD‐ROMが付いていました。私はROM付きにしたけど、結局使わずじまいでした。

 

 

2月

この月から1dayのISが佳境に入ります。と思った矢先に祖父が亡くなったり、ゼミの中間発表があったりと月の頭はバタバタしました。

10日には2015夏のCarnival魂のDVDが発売されたので、鑑賞会。

 

上記の通り、1dayのISに7社参加しました。ISという名の説明会ですけどね。情報解禁自体は3月1日ですが、販売職やホテルなどの接客系、ブライダルなんかはスタートが早いです。この段階ではまだ余裕があるはずなので、気になるなら参加すべし。後で後悔します。

自己分析やりなさい!って各所で口すっぱくして言われるけど、無理だよね。わかんねえよ自分なんて。

 

 

3月

ここから手帳が気持ち悪くなります。

\ドーーーーン/

 f:id:yyy76j:20160616232542j:image

3月1日には合説に参加。大学のセミナー(合説)も始まります。どの会社も説明会を本格的にスタートさせます。その3つのスケジュールを上手く組みながら、説明会に参加します。3月だけでも説明会に参加したのは13社(学外)、学内説明会の数も合わせると約30社前後。

説明会に参加した時点で一次選考の予約をするところもあるので、知らないうちに月末まで予定がビッシリ。

単独説明会はこの時期枠の奪い合いなので、企業によってはすぐに満席になる場合もあります。しかも厄介なのは、説明会に参加しないとエントリーすらできない企業もあるのです。もちろん会社の意図もわからないわけではないですが、四六時中スマホとにらめっこしているわけにもいかないので予約が取れない場合も出てきます。企業に直接連絡して席を空けてもらえる場合も多いと思いますが、企業によっては3月までのISに参加していれば説明会免除というところもあったりします。実際、私とその恩恵を受けたところが何社かありました。3月までのIS参加も侮れない…!

 

合間を縫うようにして、さよならせんせーションズを予習して暗殺教室を観に行ったり、2度目の鑑賞会をしたりして息抜き。ただ、息抜きとして丸1日遊んだ日は実に2日間のみ。いま考えても、この月は目の色変えて就活してたんじゃないかなぁって思います。

 

 

4月

説明会と選考が混在してきます。

説明会は9社、選考が6社。企業によっては交流会というイベントがあったりするので、結局ほぼ毎日スーツ着てることになりますね。

出かけるだけではなくて、ESの提出もだいたい4月末までくらいがピークです。ESの〆切と面接準備に追われる毎日です。

 

月末に、どうしても参加したかった交流会のために東京に行きます。もちろん夜行バス。(平日だと京都⇔大阪は片道¥2,000。)

2年上のバイト先の先輩の家に泊めてもらって、3日間の東京小旅行です。うち就活するのは1日だけだったのですが、目的の座談会だけでは勿体無いと思い、別の会社の説明会にも参加しました。“ついで”。

3日目にディズニーへ。息抜きも大事だよ〜〜

 

 

5月

少しずつお祈りされる回数が増えてきます。しかし世間はGW。世間が休みということは企業も休みなので必然的に就活も少し休憩です。ただし、業界によっては関係ないところもありますのでその辺はあしからず。そんなわけで大阪エキスポシティとユニバに行きました。休暇ですよ、家族とだけど。(笑)

連休明けから再開し、選考が7社。うち東京遠征が1回(2社)。もちろん夜行バス。

そういえば、記念受験として出版大手の講⚫︎社を受けました。なんとES5枚を手書き!ひたすら書いて書いて書きまくった結果、書類選考はパス。次の筆記テストで落ちたのですが、筆記テストもまたユーモアのある時事問題で面白かった。これから就活される方は是非受けてみてはいかがでしょうか。

 

なかなか内定もらえないので、若干気が滅入ってきます。ESは通るのに、一次面接とかGDで落ちる。理由はなんとなくわかってたんですけどね。後に記載します。

 

 

6月

経団連に所属する企業の選考が解禁します。と言っても表面上の話であって、金融系ですら5月に交流会という名の選考みたいなものは始まっていますし、気は抜けない。しかも銀行なんかは始まってから、通過者は進み方が速いようです。

そんなことも相まって、そもそも金融系の選考が始まったら後半戦だと思っていた私は焦り始めます。ヤバいまだ1つも内定もらってない。これで銀行引っかからなかったら就職できないじゃない。久しぶりに授業で会った友人はもう就活終わりましたと言うではないか。ますますヤバい。「人とは比べずに、焦らないで」なんて言われてもムリだよ〜〜と思っていたのですが、5月に受けた東京の会社から一次面接通過の連絡を受けます。二次面接に呼ばれ、3度目の東京へ。

結果を待ちながらも、そろそろ持ち駒なくなってきたな〜とピリピリしてきたところに、先ほどの会社から二次通過の連絡を受けます。最終面接のために4度目の東京に行ったのが今週の月曜です。なんだかあまりにもトントンと進む選考に驚きをおぼえつつ、受けた結果がまさかの合格!何度も足を運び、いろんな方とお話しさせていただいたこともあって、第一志望になっていたので、昨日内々定承諾の返事をしました。それがね、4月末の東京遠征、“ついで”の会社です。(笑)

就活は縁だと言いますが、この人たちと一緒に働いてみたいと思えたことがいちばんの決め手でした。何があるかわからんな。

 

そんなこんなで今週、約1年の就職活動に幕を下ろしました。来年の春からは東京という憧れと不安の入り混じった土地で新生活の予定です。今は安堵しかないけど(笑)

 

 

 

 

面接が苦手だという話

5月の最後に書いた、なかなか面接が通らないという話。

実は私、極度の面接あがり症でした。いや、今でもそうなんですが。

 

たとえば、志望動機。

言ってしまえば、用意した答えを話せばいい。ただそれだけなのに、自分でもわかってるのに、なぜか涙が出そうになるのです。目頭が熱くなって、ウルウルしてくる。

 

たとえば、自己PR。

頑張ったこととのエピソードも用意してるし、頭には入ってるはずなのに、いざ話し始めるとどうしても泣きそうになるのです。きっと私の顔は耳まで真っ赤だったんじゃないかなあ。

 

やりたいことでも同じです。ましてやそこに、「それは別にウチじゃなくてもできるよね?」なんて言われた日には涙止まりません。一度だけどうしても抑えられなくて泣いたこともあります。どうしたものか……

 

結局、慣れるだろうと言われていたものの最後まで慣れることはありませんでした。何度やっても涙は溜まるし、鼻水は出てくるし。もう最後の方は諦めてましたけどね(笑)

そんな中で、自分が自分なりにちゃんと話したいことを話せたのが、内定もらった企業でした。だから、なんとかなるかなって。

 

 

 

自分で自分の道を選ぶというのは21歳には重すぎる決断ですが、きっと私も数年後には世の中のセオリー通り、「この先そんなことよりもっと大変な決断をすることの方が多い」って言ってそうな気がしたから、今の自分が決める道で頑張るつもりです。いや、頑張る覚悟です。

 

長々と書きましたが、この短期間で計31社の選考を受け、説明会はもっとたくさん参加しました。

これだけの企業の話が聞けるというのは、労あるものの面白いことは事実です。

決まらないと焦ります。

就活を進めながら、自己分析が進むのも事実です。

金もかかる。

面白いことと嫌なことが交互にやってきます。正直しんどい。つらい。辞めたい。

 

だけど。

「終わり良ければすべて良し」ということわざがあるように、頑張ったと思える分だけ得られるものはあります。人によってカタチは違うけど。

 

焦るな、自分を偽るな、自己分析をしろ…etc。

就活のキーワードは、終わらないと実感できません。だから、就活中は心開ける人や尊敬できる人と話をすることで得られるものを大切にするべきだと思います。自分が納得できるものを信じて重ねていけば、きっと自分らしさが見えてくる。

 

 

 

…今回の俺の話を読んだ人は、「光くんは多重人格?」って思うかもしれないけど、そこは自分でも何種類かの俺がいると思ってるから(笑) (2016.7ポポロ「9年目の自画像」)

 

そんなもんなんだろうね、みんな。

 

 

f:id:yyy76j:20160617004843j:image