読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味があるとかないじゃなくて

君のことが好きだってただ言えるのなら単純だけど

ジャニヲタの就活。

 

時間がなくても毎日欠かさず前髪はカールする、というポリシーがひん曲げられそうになる季節・梅雨です。今日も雨だ〜〜。

最近スタバのタンブラーを買いました。バナナ×パイン柄が可愛いんだよ〜〜!!

f:id:yyy76j:20160622191233j:image

 

雨を吹き飛ばせ!な初夏のキモチで買ったんだけどさ。

雨の好きなところってなんだろう…傘に当たる雨音とか?でもあれって適度な降雨量じゃないといい音にならないよね。どうでもいいか。

 

 

そんなわけで、前回『就職活動の話。』と題して自分の就活を振り返りました。

 就職活動の話。 - 意味があるとかないじゃなくて

 

そこで今回は、これまでたくさんの方が書かれてきたであろう鉄板ネタ『ジャニヲタと就活』を自分なりの視点で書こうと思います。

 

 

 

 

現在も元気にジャニヲタをやっていて、この先数年はヲタ卒しない前提の身として、就活をするにあたり考えなければならないことがありました。順番にご紹介します。

 

  1. 勤務地
  2. 職種
  3. 福利厚生(休日)

 

 

 

まず1つめ。

 

1.勤務地

現在私は21年間ずっと関西在住です。それも滋賀県、今では完全にベッドタウン化した街に生まれ、これまで滋賀を出たことがない。

そんな地方在住の私にとって、東京は憧れの土地でした。特に学生の頃は、やれ番協だなんだとイベントごとはすべて東京。FC会費も同じだけ払ってるのに、住むところの違いでこんなにも差がでてしまうものか。何度も唇を噛んだ思い出があります。

そして、やっと東京に出られるチャンス。でも初めてのひとり暮らし、ちゃんとやっていけるのか。そもそも住み慣れた関西を出る必要が、果たしてあるのか。就活中ずっと考えていたことでした。

 

私の出した結論は、『勤務地にはこだわらないです。

なぜなら、関西でもジャニヲタはできるから。それはジャニヲタ歴十数年で十分わかっていることです。

もうひとつは、新しい世界を見たかったから。これだけだとかなりカッコつけてるように見えますが、わりとホンキ。これまで田舎暮らしだった私は、少し物足りない部分を感じていました。高校で隣の市を開拓、大学で隣の県を開拓、そうするたびに自分の知らない(物理的な)世界を得る感動が大きかったのです。親元が楽だからという理由で自分の世界観を狭めたくなかった。

そんな理由から、勤務地に制限はかけないことにしました。

 

 

 

2.職種

一般的に言う、総合職事務職です。

基本的に、私は総合職ばかり見ていたものの、一時期は事務職も考えてエントリーした会社もあります。今の私が考える、ジャニヲタにおける双方のメリット・デメリットをあげたいと思います。

 

総合職

◎事務職より給料がいい

◎昇進すれば給料は上がっていく

→ジャニヲタ資金が潤沢になる

◎選考が早く始まり、就活が早く終わる

→ヲタ活における制限期間が短くて済む

×転勤がある

→転勤の度に色々面倒くさい

×休みが不定期(業界による)

×残業がある(業界による)

→ヲタ活の予定が立てにくい

 

 

事務職

◎定時上がりが可能

→予定が立てやすい

◎自分の時間が比較的しっかり確保できる

→ヲタ活がしやすい

×給料が低い

×昇格→給料upが難しい

→ジャニヲタ資金と生活資金のやりくりが大変

×選考時期が遅い

→いつまでも就活しなければいけない

 

私が出した結論は、『総合職』です。

私の性格が上から言われたことをハイハイと受け止めるよりは自分から発信していきたいタイプだということもあったので。

就活期間の長短はだんだんどうでもよくなります。もちろん早く楽になりたいという思いはあります。が、ジャニヲタという前提条件を鑑みて早く終わらせよう、なんて気はさらさらなくなりました。

そして、今後のことを考えてもお金は多いほうがいいし、人とも接する時間が多い方がいろんな情報も入ってくるだろうし、ということで総合職にしました。

 

 

3.福利厚生

ジャニヲタにとって最も大切なのはお休みです。休みは決まっていて、有給も取りやすい方がいいに決まってます。ただし総合職を選んだ私は、その選択肢を半分海に投げ捨てたようなもの。仕方ない、自分のやりたいことを取ったからな。

B to Bは会社が相手なので、土日休みが多いのかな。私の決まったところも、土日がお休みです。総合職の営業ゆえに、確実に毎週休み!にはならないかもしれないけど、それはもう覚悟します。

そもそも東京都主要圏内は30分そこそこあれば北から南まで行けちゃうじゃない。何を困ることがあるんだ!どこへでもいけるやないか!うちの最寄り線は1時間に1本しか新快速がなくて、終電0:05だぞ!!(※どうでもいい)

 

 

 

なんだかんだ書きましたが、結論を言うと私の就活は

やりたいこと > ジャニヲタ

を基準にしました。

 

結局、「将来的にジャニヲタを卒業する日が来るかもしれない」という可能性を考えるとその結論が出ました。ジャニヲタといえど、趣味であることに変わりはないので、趣味が趣味でなくなる日がやってくる可能性はゼロじゃない。

この先40年ほどの未来を考えても、やっぱりいちばん大切なのは自分でした。そう言えてる環境に感謝ですが。

 

 

これから就活されるジャニヲタの方々がどれを優先されるかは自分の境遇や考え方次第です。

就職活動の段階では終わり良ければすべて良しの世界なので、これからの方の就活が有意義なものになりますように。

 

 

とか言いつつ私もかなり苦しんだんだけどね〜〜(笑)